メリットありすぎ!Office365は独自ドメインで使おう

Office365
独自ドメインで使うOffice365

Office365™ を導入したら、せっかくですので独自ドメインで Office365 を使用しましょう。独自ドメインには様々なメリットがあります。

今回は独自ドメインを Office365 で使用するポイントについて簡単に解説したいと思います。

独自ドメインとは何か

ドメインの説明

独自ドメインとは、自分の好きな名前を割り当てたドメインのことです。

例を挙げましょう。Microsoft® のホームページにアクセスする場合、 http://www.microsoft.com/ にインターネットからアクセスします。http://www. を除いた microsoft.com にあたる部分がマイクロソフトが所有している独自ドメインです。

Office365 の初期設定ではドメインはサブドメインというものになります。アーザスが設定したサブドメインは以下の名前です。

azscompany.onmicrosoft.com

このままでも使用できますが、どうせならサブドメインでなく独自ドメインにしましょう。アーザスが設定した独自ドメインは以下の名前です。

a-zs.co.jp

独自ドメイン取得のメリット

独自ドメインを取得するメリットには何があるのでしょうか。Office365 を使用する上で、先ほど説明したサブドメイン(azscompany.onmicrosoft.com)のままでも問題はありません。

しかし、わざわざ自分の好きな独自ドメインにするには理由があります。

メールアドレスが短くなる

メールの位置案内

独自ドメインを設定せずに Office365 でメールを送信した場合どうなるでしょうか。差出人は以下のようなアドレスとなります。

n-nakashima@azscompany.onmicrosoft.com

メールアドレスが長いので覚えにくく、どこの誰がメールを出しているか分かりにくいです。独自ドメインを取得して設定すると以下のようになります。

n-nakashima@a-zs.co.jp

このようにメールアドレスが短くなりました。どこの誰がメールを送ったのか一目で分かるようになりました。このように Office365 でメールを送る場合、独自ドメインにした方が分かりやすいです。

ホームページにも利用できる

取得した独自ドメインは Office365 だけでなく別の用途として使用することができます。

アーザスの公式ホームページのアドレスは http://a-zs.co.jp です。Office365 で使用している独自ドメインと同じものを使用しています。ホームページや別の用途でドメイン名を使用する場合も、ドメインを取得する価値があるといえます。

自分のドメイン名に愛着がわく

好きなもののイメージ

自分で付けた名前に愛着が湧くのと一緒で、ドメイン名も自分で取得すると愛着が湧くものです。既にドメインが取得されている場合もあるかもしれませんが、自分が好きな名前で仕事をすると気持ちがいいものです。

Office365の独自ドメインの取得方法

独自ドメインを取得する方法ですが、自分でドメイン取得サイトで取得する方法と、Office365 の中で取得する方法の2種類があります。

本章では解説しませんが、自分で取得する場合は難易度が少し上がります。Office365 の中で取得する場合は管理画面から取得することができます。面倒な場合は Office365 から取得することをお勧めします。

具体的なドメイン取得方法については次回解説しますね。

最後に

ドメイン名は会社の看板のようなものです。

Office365 を正式にサービスインする場合は独自ドメインを設定しましょう。

そして愛着のある Office365 ドメインでテンションを上げて仕事をしましょう。