SCCMのデータベースに、ODBCを使ってアクセスする方法

Micorsoft
microsoft-SCCM-ODBC-eyecatch

ODBCとはOpen DataBase Connectivityの略でSQLサーバにアクセスする方法です。SCCMの内部データはMicrosoftSQLのデータベースを使った仕組みです。

編集するデータ量が多い場合に「Accessなどを使って編集したい!」そんな時、ODBCによる接続をすれば便利です。

それでは今回の記事はSCCMのデータベースにODBCを使ってアクセスする方法を記載します。

ODBCの接続方法

↓コントロールパネル>管理ツールを開きます。
管理ツールの選択

↓管理ツールから「データ ソース(ODBC)」を開きます。
ODBCの選択

↓ODBCデータ ソース アドミニストレーター画面が開きますので、システム DSNタブを開きます。そして、画面の「追加」ボタンをクリックします。
システムDSNの選択

↓データ ソースの新規作成でSQL Serverを選択します。
SQLサーバーの新規作成

↓SQL Server に接続するための新規データ ソースを作成する画面に入力します。入力したら「次へ」をクリックします。
データの入力

その際、以下のように入力して下さい。

  • 名前:任意の名前(わかりやすい名前)
  • 説明:任意の説明
  • サーバ:プルダウンからSCCMサーバを選択

↓次にデータにアクセスする権限を選択します。接続するユーザ名がSQLServerに接続できる権限があれば、ネットワークへのログインIDで認証します。今回はあらかじめSQLServerにユーザを作成しているので「ユーザが入力する」を選択します。
アクセス権限の選択

↓クライアントの設定ボタンをクリックして、サーバの別名とTCP/IPにチェックをつけOKをクリックします。
サーバーの名前のチェック

↓既定のデータベースをプルダウンから選択します。SCCM ServerのSQLが表示されるので設定します。今回はCM_P01がSCCMサーバのDBですので次へをクリックします。
プルダウンの選択

↓オプションの画面で完了をクリックするとSCCM用のODBCへのアクセス設定ができます。
アクセス設定の完了

最後に

SQLにODBCで接続は難しくありません。Windowsの標準機能で接続できます。

今回はあくまでも接続だけですので、次回はAccessのODBC接続を使って中のSQLを編集したいと思います。