Office2016で追加された3つの新機能を紹介してみました

Micorsoft
microsoft-office-2016-02

Microsoft®からに「Office2016」の提供が開始されました。

今までのOfficeからどのような機能が追加されたのかについて調べてみました!

新機能について

今回は一部の機能に絞ってご紹介していきます。もちろんこのほかにも新機能は追加されていますので、チェックしてみてください。

共同編集・リアルタイム入力

Word・PowerPoint®での共同編集が可能になりました。他の人がファイルを開いていても、ファイルを編集することが可能です。

さらにWordではリアルタイム入力というものができるようになりました。今までは保存をしないと相手が編集した内容はわかりませんでしたが、Office2016からは相手の編集内容がそのまま反映されます。

新しいヘルプ機能「Tell Me」

新しく追加されたのが「Tell Me」というヘルプ機能です。操作アシスト機能とも呼ばれます。

画面上部の「実行したい作業を入力してください」のという所に実行したい作業を入力すると、必要な機能を呼び出してくれます。たとえば「印刷」と入力すると、「印刷プレビューと印刷」「印刷の設定」などが表示されますのでここから選択して実行することができます。

ファイル共有が簡単に

ファイルを共有するためには一度OneDriveに保存してから、WebでOneDriveを開いて共有相手を選択する必要がありました。

ですがOffice2016からはOfficeアプリで共有相手の選択が可能になりました!これでひと手間省けそうですね。

最後に

現段階だと、Office365サブスクリプションを使用していれば、サブスクリプションの一部としてダウンロードが可能です。

個人向けOffice2016永続ライセンスの提供開始日は後日発表されますので、正式発表を待ちましょう!