MicrosoftのOfficeLensってどんなアプリケーション?

Micorsoft
OfficeLens-eyecatch のコピー

先日ブロフェス2015というイベントに参加してきました。そこに参加していたマイクロソフト社のブースで、「OfficeLens」というものが紹介されていました。

非常に便利なアプリケーションだと思い、調べてみましたのでご紹介したいと思います!

OfficeLensってなに?

スマートフォンやタブレットで撮影した画像(文章)を様々な形式の文章に記録できる、iPhone/Android向けの無料スキャナアプリケーションです。

資料をスキャンして文字認識をしてくれるので、画像データではなくドキュメントデータとしても保存が可能です。

OfficeLensの使い方について

それでは詳しい使い方について説明していきます。

スキャン方法は?

インストールが完了するとアプリが起動します。初回起動時に必ず「カメラからのアクセスを許可する」に同意してください。カメラが起動すると以下の撮影形式が選択できますので、スキャンしたいデータに合ったものを選んでください。各形式の詳しい説明は以下の通りです。

  • 名刺・・・名刺をスキャンするのに適している
  • 写真・・・風景や人物の撮影に適したモード
  • ドキュメント・・・完全なトリミングと色の調整が可能
  • ホワイトボード・・・トリミングと強い光や影の調整が可能

写真以外の撮影形式ではアウトラインが表示されます。アウトラインが表示されることで、どの領域が保存されるのかがすぐに分かるようになっています。状況に合わせたモードを使うことで、より適切にスキャンすることができます。まっすぐではなく斜めから撮影をしても自動で修正して、データを修正してくれるのも便利なポイントです!

保存先はどこ?

撮影したデータはエクスポート先によって保存形式保存場所が変わります。たとえば、エクスポート先をPDFにするとOneDrive>画像フォルダに.pdf形式で、WordにするとOneDrive>ドキュメント>OfficeLensフォルダにMicrofoht Word文章 (.docx形式)として保存されます。OneDriveに保存することで様々な端末からの閲覧が可能になります。

保存先がOneDriveになる保存形式の場合はMicrosoftアカウントへのログインが必要です。

▼自動で作成されるOfficeLensフォルダに保存されたMicrosoft Word文章です。
OfficeLensフォルダ

もちろんスマートフォン内の写真フォルダへの保存も可能です。エクスポート先を選ぶ段階で、Twitterへの投稿やメールでの送信も簡単に行えます。

最後に

かさばってしまう資料やレシートを整理するときに有効活用できそうですね!

簡単に利用できるのでぜひ一度使ってみてください。