あなたはアップデートしなくて大丈夫?Internet ExplorerとWindows 8のサポート期限は2016年1月12日まで!

Micorsoft
blog-eyecatch-update

「アップデートしてください」という通知が来ても面倒だから放置しているという方もいるのではないでしょうか?放置していると知らない間にサポートが終了していることがあります。サポートの終了後も使い続けているのは危険な状態ですので早めにアップデートしましょう!

そこで今回は近いうちにサポートが切れてしまうものと、アップデート方法について解説していきます。

Internet Explorerについて

今まではOS本体のサポートが終了するまでIEのサポート期限は切れなかったので、サポート期限を気にする必要はあまりありませんでした。ですが先日、「古いIEのサポートが2016年1月12日(米国時間)で終了する」とマイクロソフトから発表されました。つまり2016年1月12日以降は最新版のIEしかサポートされなくなってしまいます。

サポートが終了しても使い続けることはできますが、セキュリティの脆弱性が発見されても修正されず放置されるという危険な状態になってしまいます。

どのバージョンがサポート終了するの?

各OSによってIEの最新版は異なります、2016年1月12日以降は以下のOSとIEのバージョンでの組み合わせのみサポートが継続されます。

Windoes OSの種類 最新のIEのバージョン
Windows Vista SP2 Internet Explorer 9
Windows Server 2008 SP2 Internet Explorer 9
Windows 7 SP1 Internet Explorer 11
Windows Server 2008 R2 SP1 Internet Explorer 11
Windows 8.1 Update Internet Explorer 11
Windows Server 2012 Internet Explorer 10
Windows Server 2012 R2 Internet Explorer 11
Windows 8 OSのアップデートが必要

対処法は?

まずお使いになっているIEのバージョンを確認してください。

▼IEを開いて右上のツールよりバージョン情報を選択します。デフォルト設定のままなら自動で最新版になっているはずです。
IEバージョン確認

もし最新版になっていない場合は、最新版にアップデートする必要があります。以下のURLより行ってください。

Windows 8について

Windows 8のサポートも2016年1月12日でサポートが終了します。サポートが切れるということは、更新プログラムが配布されなくなります。この更新プログラムが配布されない状態だと問題が発生しても解決されないため、不正にパソコンに侵入されたりデータを流失させられる可能性があります。

対処法は?

現在のOSがWindows 8の場合はWindows 8.1にアップデートする必要があります。OSをアップデートすることでIEも最新版になります。8.1へは無料でアップデートが可能です。

以下のURLからお試しください。

最後に

以上簡単にご説明させていただきました。

あとで大変なことにならないためにも今のうちに確認しておきましょう!