Chromebookを分解してみました

Chromebook
google-chromebook-bunkai-eyecatch-02

最近Chromebookの調子が悪くてバッテリー充電されない…。ということでバックパネルを開けてみました!

簡単ですが、そちらのレポートをお届けします。

さっそく外してみました

▼まずバックパネルはネジ止めされているだけですので、簡単にはずせるかと思います。
バックパネル

▼続いてバッテリーが出てきました。
バッテリー

▼ChromeBookのバッテリの容量は4110mAhなんですね。ふむふむ。(8時間も稼働できるのかな…)
バッテリー容量

せっかくの機会なので、ついでに全部とってみました。

▼こちらがその画像です。
Chromebook内部

Chromebook内部

インテル® Celeron® プロセッサー N2830をつかってるんですね。安いだけのことはあります。

▼分解する際にUSBの部分が邪魔してうまく外れない場合は爪があるのでご注意を。
Chromebook名部―爪

ちなみにバッテリーが充電されない原因は、バッテリーのアダプタがうまくかみ合っていなかったことでした。

最後に

以上、簡単なレポートをお届けしました。

意外と簡単にバックパネルを外して分解することができましたね。分解して初めてわかることもあるので、貴重な経験になりました!