iPhoneのブラウザ「Safari」の便利な使い方5選!

Apple
eyecatch

iPhoneユーザーの方ならおなじみのブラウザ「Safari」に便利な機能がいくつかあるのはご存知でしたか?

知っておくと便利な機能をいくつかご紹介いたします!

便利なSafariの機能

覚えておくと便利な機能がありますので、iPhoneユーザーの方は以下の機能をぜひ活用してみてください!

サイト内検索

WindowsならCtrl+Fで可能なページ内検索ですが、Safariでもできることをご存知でしたか?これには二つの方法があります。

▼まず一つ目は①アドレスバーをタップして検索ワードを入力し、一番下にある「このページ」をタップします。そしてもう一つは②ページ下部のシェアシートから検索する方法です。どちらも③検索結果のテキストが黄色く網掛されて表示されます。
サイト内検索

PC用サイトを表示

iPhoneからPC用のサイトを閲覧することも可能です。

▼やり方は①更新ボタンを長押しして②デスクトップ用サイトを表示と選択するか、②シェアシートからデスクトップ用サイトを表示を選択するだけです。
PCサイトの表示

PDFとして保存

閲覧しているサイトの情報がPDFとして保存できるってご存知でしたか?

▼①シェアシートから②PDFとしてiBooksに保存を選択すると、③iBooksにPDFとして閲覧しているサイトのページが保存されます。
PDFとして保存

最近とじたタブ

最近閉じたタブもiPhoneでは閲覧できるんです!

▼①ページ下のタブを開く箇所を選択して②+を長押しすると表示されます。
最近閉じたタブ

検索エンジンの変更

デフォルトではYahooになっている検索エンジンですがこちらの変更も可能です!

▼①設定からSafariを開いて、②検索エンジンの変更を選択します。③「Yahoo」「Google」「Bing」「DuckDuckGo」の4つから選択が可能です。
検索エンジンの変更

DuckDuckGoはあまり聞きなれていませんが、こちらは個人情報を守ることに特化した検索エンジンで、ユーザーが何を検索したかという記録が「DuckDuckGo」に
残ることは一切ありません。

最後に

覚えるとSafariの使い勝手がよくなりそうな機能ですね!

ぜひ活用してみてください。